レビトラに視覚異常は見られない

ED治療薬を使用するときには、一般的に使用後に患者に対して副作用が生じることがあります。代表的なものに使用後の視覚異常があるため、しばらくは自動車の運転などを控えなくてはいけません。
しかし、こうした一般的なED治療薬の視覚異常が見られないのがレビトラの魅力だと言えます。ED治療薬の中でも視覚異常が特に見られる薬はバイアグラであり、そのバイアグラの欠点を克服したのがレビトラなのです。そのため、レビトラの使用後には視覚異常は発症しません。
基本的に、ED治療薬には陰茎海綿体への血液の流れを促すための成分が多く含まれています。そのため、血液濃度が大きく変化するような栄養素を服用後に取ることは許されていません。例えば、レビトラには視覚に異常が見られるような症状はありませんがある栄養素と組み合わせることによってそのような障害が現れてしまうこともあります。それは、血液中の薬中濃度が変化するグレープフルーツです。グレープフルーツとレビトラは非常に相性が悪いことがわかっているため、服用の前後に取らないようにしておきましょう。
バイアグラと比べて、レビトラは身体に対する基本的な負担が小さいので食事をとることそのものは悪いことではありません。だいたい800キロカロリー前後であるのならば服用前後で許されています。ただし、食事の中に過度のアルコール分が含まれているとそれとあいまって余計な副作用を生み出す危険性があるためアルコールだけはなるべく控えるように心がけましょう。
このように、レビトラは薬の用法に従って使えば視覚に異常が生じることはありません。勃起不全を劇的に改善することが出来る薬なので、困っているときには医師に相談しましょう。