レビトラは国内通販不可

日本では様々な薬が作られ流通していますが、それは海外でも同じです。
海外でも製薬会社は数多く存在し、様々な病気に効果のある薬がたくさん作られています。
しかし、そのような海外で作られた効果的な薬でも、日本では厚生労働省に認可されない薬はたくさんあります。
認可されていない薬として有名な薬の中に、ED治療薬のレビトラがあります。
これは、錠剤になっている薬で、バイアグラと同じくらい治療で使われています。
病院で処方される際には、認可されていないので保険適用なしになり、費用は全て自己負担となります。
医療機関を利用しないで手に入れるためには、インターネットを使うという方法があります。
この場合は、国内通販不可となるため、手に入れるためには外国から直接輸入してくれる代行業者に依頼をするしかありません。
あまり輸入代行業者を使ったことがないという人も大勢いますが、最近では海外の薬で病気に効果があると分かった場合に利用する人が増えています。
自分で直接手に取って購入するわけではないので、利用するのに不安になる人もいますが、口コミなどを見ることで安全に利用できる業者を見つけることができます。
安全な業者であれば、薬にも取引にもほとんど問題はありません。

レビトラの5mgは副作用が少ない

EDの治療薬にレビトラという治療薬がありますが、レビトラ5mgはもっとも副作用が少ない上に即効性があります。
バイエル薬品株式会社という日本の薬品会社が製造しています。
見た目は丸い錠剤で、色は薄い黄色すが薄い肌色にも見えます。
日本では2004年に認可されていて、世界では2番目にできた人気のED治療薬です。
即効性があるので、女性と体を交える前に時間を計算して飲む必要がないです。
飲んで20分前後で効き目が出てきて、持続時間は5時間から10時間です。
即効性があるからといって飲んですぐに勃起すると言うわけではなく、自然に勃起するので勃起をした時に痛みを感じる事はないです。
副作用は顔の火照りや頭痛、鼻づまり等の症状があります。
その他にも動悸や消化不良、めまい等の症状があります。
治療薬によっては脂っぽい物やアルコールを飲むと効き目が薄れる治療薬もありますが、レビトラ5mgは食事やアルコールにあまり影響を受ける事がないです。
だからといって度数が強いアルコールを大量に飲んだり、飲んだ記憶がなくなるほど飲んでも効き目が全く薄れないというわけではないので、注意が必要です。
食事の前と後のどちらに飲んでも効き目がありますが、より高い効き目を期待するなら空腹時に飲むと良いです。